2012年12月14日

Black quartz (黒い石英)

もうすぐXmasですね。
今年は12月から雪が積もったり寒い日が続き、屋外で作業する気になれません。

a.jpg

福島県石川町の某鉱山跡地で採取した黒い石英です。クラックスモーキークォーツとして加工してみようかと思いましたが、手が進まず・・・

天然の煙水晶は、簡単に言うと クォーツができる際にアルミニウムが含まれて着色されるわけですが(違っていたらすみません)、この石英は長期間 放射線の影響を受けて、SMOKEより濃いBLACKまで着色されたものと思われます。

この石を採取した近くに 平安時代からのラジウム温泉(http://guide.yoogle.jp/b/p070_s01021.html)があります。余談ですが、ここの温泉、お風呂上がりにロビーで美味しいお茶を出してくれます。

127073032199116405899_2_convert_20100408213210.jpg

ところで この黒い石英がどれくらいの放射線量かというと ガイガーカウンターで1〜5マイクロシーベルトでした。
石英自身の放射線ではなく、ウラン、トリウムなどの放射性元素を含み、放射性を帯びたジルコンなどの影響だと思います。
パワーストーンとして長期間 【肌身離さず】 していたら、ヤバそうですね。

実は現在、店頭に出回っている煙水晶のほとんどが強い放射線で着色されたものです。
実際にアクセサリーとして加工された後で、どれだけの放射線量になっているか少し気になるところです。

さて、話は福島県石川町に戻ります。

125958291867916207244_5_convert_20091130202923.jpg

石川町の歴史民族資料館(http://www.town.ishikawa.fukushima.jp/admin/material/04.html)で頂いたパンフレットです。
この中に、戦時中 石川町で原子爆弾の開発のためウランの試掘と生成が行われていた事が記載されています。

戦後60年、再び放射線物質との関わりをもってしまった福島県
石の採取で何人もの方々にお世話になった事が思い起こされ、『がんばれ福島県』 と心の中でつぶやき、石をストックボックスに戻すことにしました。

☆少しアクセサリーの話からそれてウンチクになってしまいました。申し訳ありません。年明けから頑張りますね。

このピアスこんなふうにしたらいいのにぃ!/こんな感じのピアスできませんか?など ご意見・ご要望がありましたらコメントよろしくお願い致します。
posted by ストーン署長 at 13:02| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。